オレオレ詐欺にひっかからないための対策。詐欺被害を防ごう

オレオレ詐欺にひっかからないための対策。詐欺被害を防ごう

オレオレ詐欺対策

以前から問題になっている、高齢者から息子、娘のふりをしてお金を騙し取る「オレオレ詐欺」。

一体どんなことをしておけば、事前にオレオレ詐欺の被害から身を守ることができるのでしょうか。

そこで今回はオレオレ詐欺にひっかからないための対策をご紹介します。

1.電話を一旦切って掛けなおす

電話が掛かってきて、お金の話になった時には、まずは一旦電話を置いて掛けなおしましょう。

最近は、「電話番号が変わったから」と連絡してくる、詐欺も発生しています。

まずは、変わったと言われても、まずは前の電話に電話してみましょう。

また、どうしても、本人と連絡が取れない場合には、勤務先に連絡してみるのも、有効な手段だと思われます。

まずは、怪しい電話が掛かってきたときには、冷静になる為にも、一旦電話を切ってから、本人にこちらから連絡をしてみましょう。

2.電話がかかってきても安易に名前を名乗らない

電話が掛かってきても、安易に名前を名乗ってはいけません。

そのことによって、詐欺師に自分の名前を名乗ってしまうと、個人情報が洩れているのと同じことになります。

まずは、相手の名前からきちんと名乗ってもらい、聞いて、知っている人なら名乗っても良いですが、全く知らない人には、自分から名乗らないようにしましょう。

また、役所関係を名乗ってくることもあります。

その場合でも、自分からは名乗らずに、一旦電話を置いて、役所の担当者に電話を掛けなおしましょう。

絶対に、相手が言った電話番号には、掛けなおしてはいけません。

相手の言った番号に掛けるとこちらの番号が知られてしまいますので、必ず、電話番号を自分で調べて、役所などに電話をしましょう。

3.本人や家族しかわからないことを決めておく

詐欺被害に遭わないためにも、合言葉を決めておくのはとても大切な事です。

難しい合言葉を決めることはなく、自分と家族しか分らない事を決めておけば大丈夫です。

例えば、電話をする際は「オレ」などではなく、きちんと名前を名乗ることです。

また、おかしいと思った時用に、家族にしかわからない様な事を決め、あらかじめ話し合っておきます。

そうすれば、詐欺からの電話が掛かってきた時に合言葉を言わなければ、それはおかしい、と前もって気づくことができます。

4.現金を入金する前に誰かに相談をする

まず、高額な現金を振り込んだり、送ったりする場合は、一旦冷静になって誰かに相談しましょう。

家族でも良いですし、友人、警察や、銀行の窓口の人でも良いので、まずは一人で、行動するのではなく、誰かに相談しましょう。

そうする事によって、一旦冷静になりますし、第三者に聞いてもらう事によって、「おかしい」と思われる事により、事前に被害がグン少なくなります。

5.電話を留守番設定にしておく

電話を留守番電話に設定しておけば、詐欺師と直接話す事が無くなるので、被害にあう可能性が低くなります。

詐欺師は直接話して交渉してくるので、留守電にしておけば、直接詐欺師と交渉することがないので、留守電にしておいて、確信の持てる人にのみ折り返し、こちらから電話をしましょう。

6.すぐに「振り込んで」は疑う

まず、すぐに高額なお金が必要になると言う事は、日常ではまずありえません。

振り込め詐欺がなくならないのは、電話を受けた家族が「交通事故を起こした」などという緊急性のある事を電話口で告げられ、気を動転させる事を詐欺師たちは狙うためです。

ですので、普段から連絡を取り合い、話のつじつまが合っているかなど、電話が掛かってきても、冷静に話を聞きましょう。

7.新型オレオレ詐欺のチームで組んでいることを知っておく

最近の振り込め詐欺犯は、チームを組んで劇場型の詐欺をしてくることが多いです。

例えば「おたくの息子が痴漢をした。示談で済ませたければ、60万円振り込め」というような詐欺の場合、最初の電話の主は被害者の弁護士、次に痴漢を受けた人、更には刑事を偽装した人などが電話口に出てくる、まるでドラマのような電話が掛かってきます。

複数の人間がそう言っているのだから、息子が痴漢行為をしただろうと断定してはいけません。

全員がグルだということです。

この場合でも、必ずいったん電話を置いて、息子本人に、こちらから連絡を取りましょう。

オレオレ詐欺から身を守ろう

まずは、オレオレ詐欺にひっかからないためには、家族との連絡を、頻繁にすることが大切です。

そうすることによって、最近どんな事がおきたのか、近況を知っておくチャンスになります。

また「まさか自分には掛かってこないはず」とは絶対に思わず、「いつかは自分の所にも掛かってくるはず」という意識が、防衛策につながるはずです。

そして一旦被害に遭ってしまうと、また狙われやすくなるそうです。

お金を要求する電話が来た際には、必ず、誰にでも良いので、(家族、銀行の窓口の人、警察、友人など)に一旦相談してからにしましょう。