旦那の不倫を発見する方法4個

旦那の不倫を発見する方法4個

もしかしてうちの旦那、不倫してるんじゃない…?こんな他人に相談しづらい不安を抱いたことがある人はけっこう多いのではないでしょうか。

そんなこと考えたこともなかったという人も、よく思い返したら「あれ?そういえば…」という瞬間があるのでは?ここでは疑わしい旦那に試したい、旦那の不倫を発見する方法をご紹介します。

1.帰宅時間をチェック

いつも定時に帰宅していたのに、突然「残業で遅くなる」が増えたら注意です。

もちろん単純に仕事が忙しい場合もあるので、昇進直後や、旦那の職種の繁忙期の場合は除いていいでしょう。

ごく普通の日に、突然、頻繁に残業するようになる場合が怪しいです。

あなたには「残業」と伝え、浮気相手と会っている可能性があります。

もし怪しい「残業」があった場合は、お酒くさかったりしないか、あるいは帰宅直後でまだ風呂に入っていないのに石鹸のにおいがしたりしないかなど、さりげなくチェックしてみましょう。

2.休日の過ごし方をチェック

休日出勤が突然増えたら注意です。

また、せっかくの休日にあなたや子どもを放ってスマホに夢中、なんて場合にも注意が必要でしょう。

休日出勤と称して浮気相手と会ったり、スマホで連絡を取り合っている可能性があります。

3.スマホの使い方をチェック

平日・休日問わず、スマホを見ている時間が突然増えたり、スマホを手放さなくなったら注意です。

スマホを使って浮気相手とやり取りしていれば、自然とスマホを見ている時間は増えていきます。

スマホを片手ににやにやしていたりしたら、いよいよ怪しいです。

スマホを手放さず、トイレや風呂にも持ち込むようになったら、万が一にもあなたにスマホの中身を見られたくないのだと考えられます。

その場合スマホには、浮気相手とのやり取りや2人で撮った写真などが保存されている可能性があります。

また、スマホを手放さないのと同じ理由で、今までかけていなかった画面ロックを突然かけるのも怪しいです。

4.お金の使い方をチェック

給料が変わらないにもかかわらず家計に入れるお金が突然減ったり、お小遣いの使い方が突然荒くなったりしたら注意です。

浮気相手に貢いでいる可能性があります。

旦那の財布に言った覚えのない高級レストランやホテルのレシートや領収書が入っていたりしませんか。

5.夜の変化をチェック

突然あなたとの夜の生活を拒否するようになったり、それまで話題にしたこともなかった行為を提案・希望してきたりしたら注意です。

前者の場合は、浮気相手との行為で満足してしまっているか、疲れてしまっているかのどちらかである可能性が高いです。

後者の場合は、浮気相手との行為で初めて知った・興味を持った方法を、あなたとも試してみたいのだと考えられます。

まったく趣味でない下着をすすめられたりする場合が多くなります。

また、ベタですが、眠りについた後の寝言で他の女性の名前を呼んでいたりしたら怪しいですね。

6.あなたへの態度をチェック

あなたに対して不自然によそよそしい態度になったり、逆に不自然なまでに気を遣うようになったら注意です。

前者の場合は、浮気相手に夢中であなたへの興味関心が薄れているか、浮気がバレないようにあなたとのかかわりを減らしているかのどちらかと考えられます。

後者の場合は、不倫に罪悪感を抱いていて、罪滅ぼしにあなたに気を使っている可能性が高いです。

普段は贈り物なんてしないのに突然プレゼントを買って帰ってきたり、突然家事を手伝おうとしてきたりしたら要注意。

あなたのことを思っているのではなく、顔色を窺っている可能性がありますよ。

7.普段のおしゃれ度をチェック

それまでおしゃれに興味のなかった人が、突然おしゃれに興味を持つようになったら注意です。

急に服装や髪型、ネクタイなどの小物に気を使い始めるのは、浮気相手にかっこいいと思われたいという気持ちの表れと考えられます。

朝に鏡を見ている時間が増えたり、それまで自分ですることなんてなかった靴の手入れなどをいそいそとし始めたら危険信号ですね。

また、突然香水に興味を持ったり、女性の化粧品に詳しくなるのも怪しいです。

情報元は浮気相手である可能性があります。

8.興信所などに依頼する

少々値は張りますが、プロに頼んでしまえば、シロにせよクロにせよほとんど確実に結果が出ます。

もっとも確実に不倫を発見する方法です。

あなたが直接問い詰めた場合、証拠を隠滅され、しらばっくれられてしまう可能性もあります。

確実に不倫を認めさせるなら、プロに頼むのが間違いのない方法です。

さて、ここまで色々な方法を紹介してきました。

不倫をされているにしろ、されていないにしろ、答えがハッキリした方が安心できるし、対応もできます。

もちろん、されていないに越したことはありませんが楽観視しすぎるのもよくありません。

普段の過ごし方をチェックして「やっぱり怪しい」となったら、下手に動かず興信所などのプロに頼むのがやはり確実ですよ。