DV被害に合いやすい人の特徴5個

DV被害に合いやすい人の特徴5個

DV被害にあいやすい人は、逃げたくても逃げることができません。

DV被害にあいやすい人には特徴があります。

特徴を理解することで、DV被害から自分自身を守ることができます。

1.我慢してしまう性格である

DV被害にあいやすい人は、我慢してしまう性格であることが特徴として挙げられます。

DV被害にあいやすい人は、たとえDVを受けていたとしても我慢して他の人に助けを求めることができません。

自分さえ我慢すれば、相手の心もおさまり、周りの人にも迷惑をかけることなく日常を過ごすことができると思っているのです。

自分のことよりも他の人の事ばかり考えてしまい、自分の事に関しては我慢してしまいます。

このようなことを繰り返していると、状況がひどくなってしまう一方です。

2.放っておくことができない

DV被害にあいやすい人は、放っておくことができないことが特徴として挙げられます。

DV被害に合いやすい人は、たとえDVをされているとしても、このような状態の相手のことをほったらかしにすることなどできないと思っているんです。

自分が1番暴力を受けて嫌な思いをしているにもかかわらず、最後の最後まで相手のことばかりを心配しています。

もし自分がDVのことを他の人に相談したり、助けを求めてしまったらこの人はどうなってしまうのだろうと心配になってしまいます。

3.自分なら何とかできると思っている

DV被害にあいやすい人は、自分なら何とかできると思っていることが特徴として挙げられます。

DV被害に遭っているにもかかわらず、この行為を止められるのは自分しかいないと思っているんです。

強い責任感があるタイプの人は、このようにきっと自分なら何とかできるだろうと思うのです。

自分ならまだしも、他の人に止められたらもっとひどくなってしまったり、きっと口もきかないはずだと思っているのです。

それぐらいDVをしてくる人に心を支配されてしまっているため、被害がひどくなるまでこの状況なんとかできるのは自分だけと思っているのです。

4.他人の目線を気にする

DV被害にあいやすい人は、他人の目線を気にすることが特徴として挙げられます。

世間体を気にしている人は、DVを受けていることを人に相談しづらいです。

またDVのせいで離婚をしてしまったとなると、他の人からどんなひどいことを言われるだろうと想像してしまい、なかなか家を開けることができずに助けを求めることができなくなってしまいます。

本当は心の底で離婚したいと思っていて、DV被害から逃げることができるのであれば、どんな手でも使いたいと思っているのにもかかわらず、思わず人の目線を気にしてしまいます。

5.常識的な行動ととる

DV被害にあいやすい人は、常識的な行動取りやすいことが特徴として挙げられます。

DV被害にあいやすい人は、DVが問題となっている事をよくわかっていないのです。

ただの夫婦ケンカだと思っており、こんなことで他の人に相談していたら、恥ずかしいことだと思ってしまいます。

そのために非常識な人間と思われたらどうしようと勘違いしてしまうために、DV被害に合っていても他の人に相談することができなくなってしまいます。

自分は相手の理想通りに動くことができないんだと思っているために、DV被害をできない人だからこそ受けるのは当たり前だと思い込んでしまいます。

DV被害にあいやすい人は、自分でなんとかしようと抱え込みやすい性格であることが特徴として挙げられます。

人に相談することもできずに、世間体を気にしながらDV被害を受けては堪えているのでしょう。

我慢せずに気軽に話せる環境を作っておくことで、DV被害にあったときはいつでも助けを求めることができます。