盗聴器が仕掛けられていないか調べる方法まとめ。発見方法は意外と簡単

盗聴器が仕掛けられていないか調べる方法まとめ。発見方法は意外と簡単

盗聴器 調べる

もしかしたら盗聴器が家や仕事場に設置されているかも知れない、と思ったことはありませんか。

もし、赤の他人に生活音や仕事に関する重要な情報が漏れていたら、深刻な被害を受ける可能性もあります。

ここでは自分でできる盗聴器の調べ方から業者に依頼する際の注意点をご紹介します。

1.盗聴器が仕掛けられやすい場所や物を調べてみる

盗聴器が仕掛けられやすい場所に怪しい物がないか調べてみましょう。

盗聴器が仕掛けられやすいのは、小物の中や延長コード、電源タップが有名ですが、その他に机の目立たない場所やベッドの下、時計の裏、換気扇やエアコンの陰、メールボックスの下など様々な所に隠れている可能性があります。

自分が買った覚えのない電源タップがコンセントに刺さっていたり陰になるような場所に小さな機械が付けられていたりしたら盗聴器かもしれません。

また、プレゼントされた物の中に隠されている場合もあります。

盗聴器は小型ですので自身の目だけで見つけることは困難ではありますが、自宅や仕事場以外に宿泊施設などにも設置されていることがあります。

気になったら確認するという事も対策の一つです。

2.スマートフォンやタブレットなどで不審なアプリが作動していないか調べる

盗聴するためには盗聴器が必要ではありますが、もしかしたら自身の持っているスマートフォンやタブレットが盗聴器になってしまっていることもあります。

知らない内に盗聴アプリをダウンロードされており、盗聴だけでなく遠隔操作で個人情報まで抜き取られていたなんてこともあります。

また、自動応答機能のあるスマートフォンを部屋に潜ませておき、そのスマートフォンに電話して盗聴するという手法やスマートフォンのレコーダー機能で何か音がした時だけ録音しておけるというものがあり、録音したものを後で聞くという手法もあります。

3.FMラジオを使って調べる

電波式盗聴器の中にはFMラジオと同じ周波数を発している物もあります。

このような盗聴器はFMラジオで比較的簡単に探し出すことが出来ますが、FMラジオで使用される周波数以外で電波を発信している盗聴器は見つけることが出来ません。

加えて、盗聴器に使用される周波数帯域はFMラジオの周波数帯域よりも広いため、この方法で盗聴器が発見されなかったとしても安心は出来ないでしょう。

やり方としては、室内にテレビや音楽を流し、ラジオの周波数を下から徐々に上げていきます。

途中、部屋に流している音と同じ音が聞こえたら近くに盗聴器が仕掛けられているという事になります。

音源を動かし、より大きく聞こえる場所を探して盗聴器の場所を特定していきます。

4.盗聴器発見器やレシーバを使用する

盗聴器発見器というと操作が難しそうに思えるかもしれませんが、近年では簡易発見器という低価格で使い方も簡単な盗聴器発見器も販売されています。

価格はだいたい五千円から一万円ほどですが、安いものだと千円ほどで購入できるものもあります。

ボタン一つで調べられる物も多く機械に弱い方にも使いやすくなっており、小型なのでいろいろな場所に持って行って調べることも可能です。

ただし、簡易発見器は反応している場所が分かり難かったり、盗聴器以外の無線LAN等のあらゆる電波に反応してしまったりという欠点があります。

もっと本格的に調べたいなら簡易発見器よりもグレードの高い盗聴器発見器やレシーバを使うと良いでしょう。

価格は数万円と高めですが、レンタルして使用できる所もあります。

個人で行うのはこの位が限度だと思われますが、このような製品を使用しても発見できない特殊な盗聴器もあります。

5.調査業者に依頼する

確実に盗聴器を見つけたい、盗聴器が無いという安心感を得たいならば業者に頼むのが一番良い方法でしょう。

費用は調査したい場所の広さによりますが、簡易調査で一万から二万円程度で受けられる所もあります。

家全体や会社全体を調べるならば十万円以上になりますが、被害を受ける前に対策出来れば、それに越したことはありません。

ただし、気を付けていただきたいのがきちんとした実績や経験のある業者に頼むということです。

機材はどんな物を使用するのか、料金はどのくらいなのか、資格を持った調査員が調査するのかなどを事前に確認しておくことでトラブルを未然に防ぐことができます。

盗聴器の調査を行うための資格は、国家資格ではないため、何の知識もない人が調査する振りだけをして高額な料金を請求されるというトラブルもあります。

調査業者選びは慎重に行いましょう。

盗聴器が設置されていないか調べよう

盗聴は、小型の盗聴器だけではなく、スマートフォンやダブレット等でも行えるようになってきました。

現代の生活には欠かせない、自身の持っているスマートフォンが実は盗聴器なのかもしれません。

プレゼントとして貰った人形やボールペンなどもその可能性があります。

盗聴被害の心配があるのなら、とにかく調べてみる、調査してもらうことが大きな被害を防ぎ、平穏な日々を送る一助になるでしょう。