自宅の鍵を紛失した時の対処法。警察や大家さんに連絡しよう

自宅の鍵を紛失した時の対処法。警察や大家さんに連絡しよう

鍵の紛失

自宅の鍵を紛失した時は慌てずに早急な対応を心掛けなくてはなりません。

鍵はクレジットカードやキャッシュカードと同じで、紛失したまま放置してしまうと悪用される危険があります。

落ち着いて被害が広がらないように対処しましょう。


1.本当に鍵を紛失したのか確認する

行動を起こす前に一度冷静になって、鍵を本当に紛失したのか確認してください。

鞄やキーケースごと落とした・盗まれたということでないのなら、落ち着いて探せば見つかる可能性があります。

いつも鍵を入れる場所が違う・鍵は適当に放り込んでいる・慌てて家を出た、という行動をとっているのならポケットや鞄の中から出てくるかもしれません。

また、車内や会社のデスク周りから見つかることもあります。

最後に鍵を触った時のことや、今日1日の行動を思い出していけば、自然に紛失に至った状況も判明します。

ただし、鍵の定位置が決まっている方や、確実に紛失したと判明している場合は次の行動に移りましょう。

2.最寄りの交番で遺失届を提出する

鍵を紛失した時は必ず最寄りの交番に届けを出してください。

鍵を盗まれた・鞄ごと紛失した、という場合は危険ですし、遺失届を提出しておいた方が見つかった時に手元へ戻ってくる確率が高くなります。

電話より直接顔を出した方が親身に対応してくれるでしょう。

鍵と一緒に免許証やクレジットカード・通帳など、悪用されやすい物が入っている時や、持ち物から住所が判明する場合は、自宅に侵入される危険や盗みを働かれる可能性があります。

周辺のパトロール強化のお願いもしておかなければなりません。

また、その日だけは自宅まで付き添ってもらって帰宅した方が無難です。

自宅で泥棒と遭遇する可能性も捨てきれません。

3.大家さんと不動産会社に連絡する

鍵を紛失した時は、自宅の管理をしている大家さんや不動産会社に必ず連絡をしなくてはなりません。

鍵の紛失は泥棒や侵入などの二次被害を引き起こすことがあるため、セキュリティの問題上きちんと伝えておくのが決まりです。

特にオートロックマンションといった他の住居者にも危険が及ぶ可能性がある住宅は、紛失者だけではなく管理会社にも早急な対処が求められます。

紛失した鍵はシリンダーごと交換するのが一般的ですが、個人の判断で交換することはできません。

持ち家の場合も同じで、無許可でシリンダーを交換することは不可能です。

必ず管理者の指示を仰ぎましょう。

また、大家さんに連絡を入れればスペアキーを持ってきてくれる可能性もあるため、自宅から締め出されずに済むかもしれません。

ただし、近年ではスペアキーを所持していない大家さんもあるので、必ずとは言えません

4.鍵業者に依頼して解錠してもらう

周囲に家族や知人が住んでおらず宿泊施設もない、休日や深夜のため大家さんや管理会社に連絡を取ることができないという場合は最終手段です。

鍵の専門業者に依頼して鍵を開けてもらいましょう。

24時間営業の業者もあります。

シリンダーを交換してもらうわけではなく、あくまで家に入るために連絡します。

紛失の旨についての連絡は就業時間になってから入れても構いません。

鍵の解錠は早急な対応が求められるサービスのため、やはりそれなりの金額は必要になります。

お住いの地域や時間帯・鍵の種類などにもよりますが、大体5千円~1万円までが相場です。

別途で出張費や時間外料金などが発生する業者もあるので、事前によくメニューを確認して、複数の業者を比べて選択することをオススメします。

5.鍵・シリンダーの交換を行う

管理会社や不動産会社・大家さんに連絡を入れて許可が下りた場合は、シリンダーの交換を依頼します。

鍵を紛失したままでは外出もできませんから、その日のうちに済ませておいた方が良いでしょう。

シリンダーの交換は管理会社や不動産会社が担当することもありますが、割高になってしまうので自分で行った方が無難です。

ちなみにその場合は、業者の選択や連絡なども自分で担当します。

シリンダー交換に掛かる金額は1万円~3万円程度が相場です。

シリンダーを交換をするためには現場で鍵を見てもらわないといけません。

出張費や見積もり代金が発生する可能性もあるので、事前に複数の業者に連絡して確認を取っておいた方が良いでしょう。

部品が揃っていればその日のうちにシリンダー交換をしてもらえます。

鍵を紛失した時は冷静に対処しよう

最初に鞄やポケットの中に鍵が隠れていないか確認しておきましょう。

見つからないという場合は交番に遺失届を出して、大家さんや不動産会社・管理会社に連絡を入れます。

連絡が取れずに家に入れない時は鍵業者に依頼して解錠してもらうこと。

不動産会社や鍵業者など、連絡先の一覧を携帯やスマホ・手帳に入れておくと、万が一の時も慌てずに対処できます。