職場での人間関係のトラブルを未然に防ぐ方法

職場での人間関係のトラブルを未然に防ぐ方法

転職を行なったなどの理由で新しい職場に入った場合、まず気をつけたいのが人間関係に起因するトラブルです。

せっかく就職したのに長続きしなかったという事態は何としても避けたいものです。

今回はここで職場でのトラブルを防ぐために心がけたいポイントを4つご紹介していきます。

1.頼まれた仕事を最初から判断、評価しない

これはどこの職場にも当てはまることです。

例えばあなたが上司から何か小さな仕事を依頼されたとしましょう。

そしてあなたはどうしてもその仕事を前向きに処理することができなかったとします。

その理由として頭に浮かぶ台詞が「こんな仕事くらい自分でやれば良いのに」「こんな仕事は時間の無駄だ」という類のものであった場合、少し立ち止まって考えてみて下さい。

職場の上司は長い付き合いがない限り、あなたの仕事処理能力がどの程度のレベルに達しているのかを知りません。

それを証明するためにはどんな仕事であろうと完結させることが大切です。

まずは二つ返事で請け負ってみましょう。

その上で自分の中に仕事の改善点が見えたら、嫌味にならない程度に報告を行なえば良いでしょう。

明らかにパワハラとして業務に無関係の仕事を押し付けてくる上司がいたら遠慮はいりません。

すぐに会社の上層部に相談してみましょう。

2.発言には気を遣う

良い職場には互いを思いやる気持ちと調和の精神が溢れています。

そんな空気が崩れる瞬間があるとすれば、それは誰かが暴力的な発言をする瞬間です。

この問題には様々な解釈が成り立ちます。

一つは発言者当人が過度のストレスに蝕まれている場合。

こういった兆候は独り言が多くなるなどの前兆を伴うケースが多く、何か決定的な出来事が重なると突然爆発してしまいます。

次は自分自身の価値観で何かを断罪してしまうケース。

これはデリケートな話題においてよく現れることが多く、周囲の人間がびっくりするような発言をしてしまったりします。

これらのケースに自分が当てはまらないようにするには、日頃からストレスを抱えないように努力し、会話の発言には責任を持つようにすると良いでしょう。

社会で責任ある立場にあればあるほど、当人の発言は影響力を増します。

そして一度失言をしたために立場を危うくしてしまった人々は多く、過去から現在に至るまで何度もニュース等で報道されています。

ユーモアを含んだ冗談交じりの発言であっても、発言する場所には十分な配慮が必要です。

3.無用の遅刻を繰り返さない

職場でのあなたへの信頼度を計る大きな指針の一つが「約束を守るかどうか」になります。

ここで言う約束とは会社と取り決めた契約通りの事項をきちんと遂行しているかどうか、になります。

決められた時刻に出社するのも無論そのうちに入ります。

もしあなたが朝の起床を苦手とする「寝坊」タイプの人間だったら、急いで状況を改善する必要があります。

中には会社に遅れる理由を無理やり考えて嘘をついてしまう人もいるかもしれませんが、電車の遅延証明書のような決定的な証拠がない限りは疑いの目が向けられていると思って下さい。

一度遅刻してしまったという程度であればどの会社も笑って許してくれるでしょうが、これが1ヶ月に数回というレベルになると、職場内での信用度は確実に低下していきます。

なぜならその時点であなたは「約束を守らない人間」と見なされてしまっているからです。

このような状況になると名誉を挽回するのはかなり難しいことです。

健康上の理由で早起きが難しいなどの事情がある方や、特定の時刻に電車内で痴漢などの被害に遭い、電車に乗るのが精神的に厳しいという方は思い切って信頼できる上司に相談してみましょう。

場合によっては勤務時間帯の変更を考慮してくれるかもしれません。

ただし、デリケートな話題を含む相談を持ちかける場合は相手をよく選びましょう。

4.セクハラに注意する

これは主に男性に向けた注意ですが、男女が共に働く職場内において、自分はそのつもりがなかったのにセクハラを行なっている場合があります。

具体的には過度に女性従業員の体に触れるという行為や、性的な発言を女性従業員が聞こえるように行なっているという場合です。

特に後者の発言問題は本人の自覚が欠如していると公共の場で何度でも繰り返してしまう悪癖なので、注意や指摘してくれる第三者が不在の場合は野放しになる傾向があります。

自分がこれらに該当しないかを確認してみて下さい。

また、そのような発言を引き出そうとする同僚や上司がいて不快な思いをすることが多い場合は、すぐに会社に申し出ましょう。

現在ではパワハラやセクハラを行なう人間を会社は厳しく処分します。

トラブルや深刻な問題に発展する前に予防策を講じる必要があります。

また、退社後のお酒の付き合いという場でセクハラを受ける可能性もありますので、気が進まない場合は何か理由を考えて辞退するのも手です。

ポイントは巻き込まれないように警戒を怠らないという毅然とした姿勢です。

職場でのトラブル防止に努めよう

あなたが会社で自分の能力を発揮し、仕事で成果を上げるようになる中で、大なり小なり問題が発生することは避けられません。

チームで行動する組織の場合、その輪に入れなかったら思うように成果を上げることは難しくなってしまうでしょう。

上記の注意点を自分なりに考え、正しい人間関係を構築するように頑張ってみて下さい。