トイレの嫌な黒ずみを綺麗にする方法

トイレの嫌な黒ずみを綺麗にする方法

トイレの掃除を少しサボってしまうと、あっという間に黒ずみが現れてきます。

見ただけで、やる気がなくなりますが、それが落ちたときにはとても嬉しいものです。

一度、徹底的にキレイにしてみましょう。

1.トイレの黒ずみの原因は

トレイの便器についてしまう黒ずみの原因は、空気中の黴が便器内のホコリや細菌、水垢などの汚れと合わさったものです。

また、水洗タンクの中の黴や汚れも、黒ずみの原因となることもあります。

更に、水道水に鉄分が多い場合も黒ずみの原因となります。

2.黒ずみ除去のコツ

軽い汚れであれば、トイレ用の中性洗剤をブラシに付けて擦るだけで落ちます。

しかし、こびりついた頑固な汚れはそうはいきませんので、汚れ具合に合わせた洗剤を使用することになります。

頑固な汚れの場合は、洗剤を汚れに直接付けることが大切です。

水が溜まっていて、洗剤を付けてもすぐに薄まってしまう場合は、水位を低くしておきましょう。

紙コップで水をすくうという方法もありますが、ラバーカップ(詰まったときに使うシュッポンともいうもの)で強制的に水を排出させる方法が便利です。

3.黒ずみ済み除去に有効な洗剤

有効な洗剤は塩素系アルカリ性洗剤です。

この洗剤には、黒ずみの原因となる黒カビの胞子や菌を分解する力があります。

また、除菌作用が高く速く効きます。

ひとつ、注意事項があります。

塩素系洗剤と酸性タイプの洗剤を混ぜると、有毒ガスが発生しますので、絶対に混ぜてはいけません。

また、塩素系を使用したあとに流さず、酸性のものを使用することも同様な危険性があります。

万が一、混ぜてしましガスが発生してしまった場合は、換気を良くし(窓を全開にし、換気扇も回します)、換気が終わるまで、トイレ内に入らないようにします。

4.洗剤を使わず黒ずみを落とす方法

洗剤を使わずに黒ずみを落とす方法があります。

それは、耐水性の紙やすりを使う方法です。

紙やすりは番手を表す数字が大きいほど目が細かくなります。

トイレの掃除に使う場合は1000から1500番を使います。

やすりで擦ると、そこがキズになって、またそこへ汚れが入り込むと言われますが、目の細かいものを使うことによってその心配はあまりありません。

但し、紙やすりを使えるのは、陶器製の便器だけです。

プラスチック製には絶対に使わないようにしましょう。

また、陶器製の便座であっても、コーティングされているものもあります。

コーティングが剥がれてしまう危険性もありますので、便器の説明書を読んで使うようにしましょう。

基本的にこの方法を使うのは、どうしても黒ずみが落ちない最後の手段と考えておくと良いでしょう。

5.便器の縁裏の黒ずみの場合

この部分は、主に尿のはねを放置して固まった尿石が原因です。

尿石はアルカリ性の汚れですから、酸性の洗剤を使います。

縁裏に洗剤を吹き付けます。

そこへトイレットペーパーを詰めて更に洗剤を吹き付けます。

1時間ほど放置します。

洗剤が乾いてしまった場合は再度洗剤を吹き付けます。

その後、メラミンスポンジを使って汚れを落とします。

トイレ用のブラシを使う場合は、縁裏に届くように曲がっているタイプのものがありますので、それを使用すると擦りやすくなり、裏側までしっかり届きます。

この場合は必ずビニール手袋をして下さい。

直接洗剤に触れると、かぶれを起こすこともあります。

6.水たまり部分の黒ずみの場合

水たまり部分の黒ずみ(サボったリング)の原因は黴やホコリです、この場合は研磨剤入りクレンザーが効果があります。

便器の水を極力抜きます。

汚れに研磨剤入りクレンザーを付けトイレットペーパーを貼り付けます。

1時間ほど放置します。

その後、トイレ用ブラシで汚れを落とします。

7.便座の裏の汚れの場合

便座の裏側の汚れは、尿汚れが原因です。

クエン酸をペースト状にして塗る付けトイレットペーパーで覆います。

汚れを落としてから、水拭きをします。

この部分は、プラスチック製なので、紙やすりや強いたわしを使うとキズが付いてしまいます。

汚れが落ちないからと使用しないようにしましょう。

8.汚れを除去したあとは

黒ずみやサボったリングをキレイにしたあとは、掃除をこまめにするようにしましょう。

大変な思いをするよりも、できることなら毎日掃除をすることで、黒ずみやサボったリングを防ぐことができます。

トイレの黒ずみをキレイに掃除しよう

トイレの掃除はとても面倒なものです。

しかし、一度キレイにすると、あとはこまめに掃除をすることで、いつもその状態を保つことができます。

キレイなトイレは気持ちの良いものです。

キレイにしていると、汚れが目だちますから、汚さないようにするというメリットもあります。

そして、トイレには先の曲がったブラシと、トイレ用の中性洗剤は常に用意をしておき、ちょっと汚れが気になったときには、すぐに落とすように習慣付けましょう。

キレイなトイレで、心もリフレッシュさせましょう。