地震が怖い時に落ち着く方法6個

地震が怖い時に落ち着く方法6個

天災は忘れた頃にやって来る…。

今まで気にしていなかったのに一度でも大きな地震を経験してしまうと、

いつまたやって来る地震に恐怖を感じてしまうことがあります。

地震に対する恐怖感が強い時はこんなことを試してみては如何でしょうか。

1.Twitterで地震のことを検索する

地震が起きた直後の恐怖感がある時、Twitterを使用して地震のことを検索してみましょう。

何故検索をするのかと言うと、検索をすることにより自分と同じような地震に対して、

恐れを感じている仲間を探すことができるからです。

地震が平気な人なんて誰もいません。

きっと検索をすれば「地震怖い」とツイートをしている人が沢山出て来るはずです。

1人でいる時はとても心細いですが、検索をすることで地震が怖いと思っているのは、

自分だけではないと感じることができます。

「地震 怖い」などのキーワードで検索すればより同じような境遇の仲間を見つけることが可能です。

2.テレビを点けておく

夜寝る前に色々悩んでいることを考え込んでしまうという人がいると思います。

それは無音だからこそ余計に考え込んでしまいます。

地震が怖い時は見ても見なくてもテレビを点けておくことはオススメです。

できるだけ気持ちが明るくなるような番組を見るのが良いでしょう。

電気代は掛かりますが、怖い時にテレビを点けているのと点けていないのとでは全然違います。

ただ見るのも良いですが、番組に対して突っ込みを入れながら見るのも効果的です。

自分も声を発することにより気分を紛らわすことができます。

もし夜寝る時ならばオフタイマーを設定して眠りにつきましょう。

3.スキンシップを取る

誰かと一緒にいる時に恐怖感が出て来た時、心を落ち着かせてくれるのがスキンシップです。

もし家族が一緒にいるならば手を握って欲しいとお願いしてみましょう。

ずっと握っているのは難しいかも知れませんが、少しの時間だけでも肌と肌が触れ合うことで気分が和らぐのです。

手を握るのではなく触れるだけでもその効果はあります。

また、自分が親の立場であり子供を安心させてあげなければならないと思っている方もいるかも知れません。

そんな時はお子さんとスキンシップをとって下さい。

地震を怖がる子供のことを、抱きしめてあげたり頭を撫でてあげたりすることで、

子供だけではなくお母さんの方も同時に癒される効果があります。

4.誰かと会話をする

怖いと思っているのに地震のことを忘れようとするのは無理です。

忘れよう忘れようと思っても逆に地震のことばかり意識してしまって余計に不安になってしまうだけです。

ならば怖いという気持ちを誰かに話すようにしましょう。

家族でもいいですし、友達に電話で話すのも良いです。

1人で何もせずにいる時はついつい地震のことばかり考えてしまいます。

怖いという気持ちを心の中に溜め込むのは良くないことです。

地震で被災した人達も不安を口に出すことで何とか落ち着くことができたという人が沢山います。

実際に被災していない人でもそれは同じことです。

そして地震のことを話すだけではなく、他の話題なども織り交ぜて会話を楽しむことができれば、

かなり落ち着きを取り戻すことができます。

5.地震対策をしっかり取る

あなたはどうして地震が怖いのでしょうか?

きっと地震で死んだらどうしようという気持ちもあるからではないでしょうか。

地震が怖いと思っている人ならば尚更のこと地震対策をしっかり取って欲しいです。

対策ができていなかった場合、大地震が起きた後にもっと心配しながら生活をすることになってしまいます。

基本的なことですが地震が起きた時に危険な部屋にはなってはいませんか?

重い物を高い所に置いていたり割れそうな物が沢山飾ってあるのは危険です。

家具が転倒しないようにしておくのは地震対策の基本中の基本です。

懐中電灯や非常食、飲料水などの防災グッズの準備も必要です。

このようなグッズはすぐに持ち出せる場所に保管しておくだけで更に安心感が増します。

物理的な対策だけではなく地震が起きた時に何処に避難をすれば良いのか、

避難場所も確認して頭の中に入れておきましょう。

6.安全そうな所へ引っ越す

これは極端な例ですが、どうしても怖いならば安全そうな場所へ引っ越してしまうという方法もあります。

あなたの住んでいる家が築年数が古かったりマンションの高層階だったりする場合、

余計に大きな地震が来ることを想像して落ち着かなくなります。

はっきり言って日本では大地震の起きない場所はありません。

熊本地震が予測されていなかったように、まさかという場所で地震が起きる可能性もあります。

なのでどうしても怖いと思うならば、耐震性に優れ高層階ではない家に引っ越すのも悪くないでしょう。

ただ、熊本地震の被害を見ても分かるように新築でも被害を受けている家もあります。

耐震性だけではなくその土地の地盤は良いのかどうかも調べておく必要があります。

地盤の強度はインターネットでも調べることが可能です。

地震が怖い時に落ち着く方法を知っておこう

地震が怖いと思っているのは誰でも同じです。

怖くないという人はどこにもいません。

ですがこの気持ちはいつかは落ち着くので安心して下さい。

不安ならばその気持ちを押し殺さずに不安になってもいいんだと思うことも大切です。