地震による家具の転倒防止方法。家の震災被害を防ごう

地震による家具の転倒防止方法。家の震災被害を防ごう

地震の家具転倒防止

東日本大震災のあと、日本の各地で大きな地震が起こる危険が指摘されており、いつそのようなことが起こるかわかりません。

地震の際、建物が倒壊してつぶされたり閉じ込められたりすることを避けるため、耐震設計の家に住んだり、補強をするといったことは大分普及してきました。

しかし、それでも怖いのが家具が倒れてきて怪我をしたり動けなくなってしまうことです。

これを防ぐためにどのような方法があるでしょうか。

1.つっぱり型の転倒防止用具

天井と家具の間に取り付けて、つっぱらせることで、家具の転倒を防止する道具です。

たんすなど、上部が平らなものに向いています。

普段使っている家具に取り付けても家具が傷んだりしにくいため、使いやすいものといえます。

たんすの場合、2つとりつけると良いでしょう。

ホームセンターなどで、1,000円から購入することができます。

家具と天井の間の高さによってサイズが異なりますので、どれくらい隙間があいているかきちんと計ってから買いに行きましょう。

ただし、これは天井が弱く、つっぱる力に耐えられないような場合は使うことができません。

2.転倒防止板

家具の下部、手前にはさみこんで、家具を壁に寄りかからせるようにするものです。

プラスチックで出来た粘り強い材質のもので、家具が手前に倒れてきたり、前にずれてきたりすることを防ぎます。

家具と壁の間に、少し隙間を作り、家具の手前を持ち上げて、しっかりはさみこみます。

家具を一瞬持ち上げることが必要なので、たんすなら引き出しを全部抜いて2、3人で作業することが必要です。

1.のつっぱり型のものと併用することで転倒をかなり防ぐことができます。

これも、家具の幅を計って、必要な長さのものを買いに行きましょう。

柔らかい素材なので、キッチンバサミくらいの丈夫なはさみやカッターを使って、家具の幅に合わせて切ってから使うこともできます。

お店やメーカーにもよりますが、90cm幅で大体1,000円前後で販売されています。

3.壁にねじやチェーンでとめる

天井が弱くてつっぱり型の用具が使えない、家具の下部の形が真っ直ぐでなく、転倒防止板をうまくはさみこめないといった場合は直接壁にねじやチェーンで家具を固定することが必要です。

これも専用のチェーンなどがホームセンター等で販売されているので相談してみましょう。

ただ、これについても後ろに十分丈夫な壁があることが必要ですし、漆喰の壁など、ねじを入れることが不可能な場合もあります。

一見丈夫そうな壁に見えても、ねじを入れると裏が空洞になっている場合もあります。

軽く叩いてみて、木の柱が裏に通っているかなど、確認してから取り付けることが必要です。

なお、賃貸住宅で壁にねじを取り付けることが禁じられている場合は使うことができません。

また、この方法は家具に穴を空けなくてはならないため、ためらう人もいるかもしれません。

しかし、命の方が大切なのですから、特に寝る場所に設置されている家具の場合は惜しまずに取り付けを行いましょう。

また、家具側の穴が十分な強度を持っているかという点も確認が必要です。

4.お仏壇や上置きの転倒防止対策

お仏壇のように上下で分かれていたり、たんすの上置きのようなものの場合、上部だけが落ちてきてしまうことも考えられます。

これを避けるために、間に滑り止めを挟んだり、ねじ止めをすることが必要です。

滑り止めは100円ショップでも売られていますが、上下をまたぐようにねじで留めてしまうのが一番です。

特に重いものはきちんと留めてしまいましょう。

5.天井までしっかりとどく家具を買う

最近の家具の中には天井までぴったり届くように、サイズをオーダーできるものも出てきました。

テレビボードとキャビネット、本棚、引き出しなどを組み合わせ、その上に天井までの高さの上置きを設置します。

この上置きがそれぞれの部屋に合わせたオーダーになるため、出来合いの家具と比べるとやや高価な感じもしますが、天井までぴったりつくため、収納力もあり部屋がすっきりして見えます。

また、家具の上にほこりが溜まる心配もなく、掃除が楽になるのでオススメです。

台所に置くための、食器棚とレンジ棚のセットなどもあります。

このような家具の場合、扉が振動で開かないようにストッパーがついていたり、上置きと下部のキャビネットが固定できるようになっている、上置きが天井につっぱるようになっている、など、地震の対策がしっかりしているものが多いようです。

大きな家具屋さんなどに行ってみると、様々なタイプのものがありますから、天井から床までの高さや、必要な横幅、厚みなどを測ってから見に行きましょう。

家具屋さんによっては部屋までやってきて、きちんと計測してくれるところもあります。

新しく家具を買うときや引越しをするときなどは検討してみると良いでしょう。

地震による家具の転倒から身を守ろう

地震の際には様々な危険がありますが、家具の転倒で怪我をしたり、場合によっては亡くなることもあります。

一人では抜け出せず、地震の後の火事で命を落とす、といったことも起こりえます。

まずは、寝室の家具などからよく観察して、一つ一つ対策をしていきましょう。