スキミングの防止方法。クレジットカード被害を対策しよう

スキミングの防止方法。クレジットカード被害を対策しよう

現代社会で生活する上で、欠かすことのできないクレジットカード。

現金を持ち歩く必要がなく、インターネットなどでもカンタンに決済できる便利さの反面、犯罪者によるクレジットカードの不正利用はあとを絶ちません。

今回は、クレジットカードやキャッシュカードの不正利用の代表的な手口である「スキミング」の防止法をご紹介します。

1.暗証番号をしっかり管理しましょう

スキミングは、スキマーと呼ばれる専用の機器にクレジットカードを通すことで、カード情報を盗み取る犯罪の手口です。

1度スキミングされると、たやすく偽装カードが作られてしまいますが、暗証番号が犯罪者の手に渡ることはありません。

そのため、犯罪者はATMやレジカウンターに小型カメラを設置するなど、さまざまな方法で暗証番号を知ろうとするわけです。

暗証番号の管理は、きわめて重要です。

カード自体に番号を記載したり、メモを財布にしのばせるなどはもってのほか。

自分の誕生日や車のナンバーなど、類推されやすい番号にするのも厳禁です。

また、万一盗み取られた場合でも、被害を最小限に抑えるため、定期的に暗証番号を変更した方がいいでしょう。

2.目の届くところでカード決済を

レジの店員が犯罪者である可能性もあります。

カード決済のために店員にクレジットカードを手渡すのはやむを得ませんが「少々お待ちください」などと言ってバックヤードに隠れる場合は、注意が必要です。

もっとも、あらゆる店員を疑うことはできませんから、普段行きつけないお店やいかにも怪しいお店などでは、クレジットカードを使わないのが賢明でしょう。

また、お酒が入ると細かいことに気が回らなくなるため、たいへん危険です。

スナックや居酒屋などで泥酔したときには、クレジットカードの使用を控えましょう。

3.カードをICチップ搭載カードに

最近では、クレジットカード発行時にICチップ搭載カードを選べるケースが多くなっています。

カード情報はこのICチップに内蔵され、暗号化されているため、普通のカードに比べてスキミングしづらいと言われています。

いまお持ちのカードが非ICカードの場合でも、カード会社に問い合わせれば、新しくICチップ搭載カードを発行してもらえます。

4.スキミング防止グッズを買う

非接触によるスキミング対策には、スキミング防止シートなどの防犯グッズが有効です。

近年、混雑した電車などで、ハンドバッグに入ったクレジットカードをスキミングして情報を盗み取る手口が増えています。

専用のスキマーに通す接触型の機器と違い、非接触型は防ぐのが難しい反面、プライバシー機能のついたカードケースに入れるなどの対応である程度防げるため、ぜひ試してみてください。

5.管理の行き届いていないATMは使わない

ATMのカード挿入口にスキマーを仕掛け、パーテーションに小型カメラを設置する、というスキミングの手口が過去にもありました。

ATMは、管理者がつねに監視している場所ではないため、犯罪者がスキミング機器を設置することが容易になっています。

ただし、銀行のATMコーナーなど、営業時間が限られていて、多くの人の目があるATMは、小細工するのが難しいので、リスクが低い傾向にあります。

一方、ショッピングセンターやコンビニに設けられたATMは、比較的管理が行き届いていないため、被害が多くなります。

基本的には、クレジットカードやキャッシュカードを使う場合は、銀行のATMを使うようにしましょう。

6.利用明細をこまめにチェックする

月々の利用明細をろくにチェックしないと、被害に遭っていることに気づかないこともあり得ます。

以前と違って、最近は被害者が気づかないよう、毎月数千円など、少額ずつだまし取る手口も増えています。

利用明細をきちんと確認して、心当たりのない項目があれば少額であっても、徹底的に精査するようにしましょう。

また、クレジットカードに付帯している盗難保険は、原則的に補償期間が60日と定められています。

これを過ぎると、不正利用であってもお金は戻ってきませんので、しっかりチェックするようにしましょう。

7.所持カードは最小限に

キャンペーンなどで、いくつものクレジットカードを持っている方は、この機に要不要を考えて整理してみるのもいいでしょう。

当然のことながら、カードの枚数が多ければ多いほど、スキミングの被害に遭うリスクはあがります。

冬眠中のカードであれば、月々の利用明細を見るのを怠っていることもあるでしょう。

管理しきれないクレジットカードは、スキミングに限らず、あらゆる犯罪者にとって格好の獲物ですので、解約してしまいましょう。

スキミングを防止しよう

クレジットカードのスキミングの防止方法をご紹介しました。

スキミングの究極の防止法は、クレジットカードを使わない、ということになりますが、現代社会ではそうもいきません。

まずは暗証番号の管理を徹底し、スキミング被害に遭わないよう、注意していきましょう。