夜道への恐怖心を克服する方法5個

夜道への恐怖心を克服する方法5個

夜道が怖いと感じている人は、多いことでしょう。

中には、新しい間場所への転居後に、怖さを強く感じる人もいます。

夜道への恐怖心を克服するための具体的な方法を探っていきましょう。

1.防犯ブザーを携帯する

夜道がなぜ怖いのかを突き詰めてみると、やはりそこには犯罪への恐怖が一番にあるのではないでしょうか。

例えば、背後から突然襲われることへの恐怖や、バイクなどを使用した物取りへの恐怖など。

人間が関わる事件性のあるものへの恐れが高いと考えられます。

線を抜くとブザーが大音量で鳴り響くタイプの防犯ブザーや、一見ねじまきタイプのねじ見える部分を押すことでベルが鳴る、腕時計タイプの防犯ベルなど。

最近では携帯しやすい軽量の防犯ブザーが多く販売されています。

これらは手が届きやすい価格帯の商品がほとんどですので、贈り物としても喜ばれそうです。

日常的にこのような防犯ブザーを持ち歩く習慣は、夜道への恐怖心を克服することにつながります。

2.携帯電話やスマートフォンを握りながら歩く

夜道の中でも、夜道が苦手な人にとってもっとも怖く感じられるのは、街灯の少ない場所と、人通りの少ない道ではないでしょうか。

これらの夜道がいっそう怖く感じられるのは人気が少なく、万が一のときに助けを求めることが困難だろうと予想ができるからです。

こういった夜道では、スマートフォンなどの、外部との通信機器を手に持って歩くことが大事です。

そうして歩くことは、いざというときに警察や親族へ通信できるまでの時間を短縮するだけでなく、心理的に犯罪者を警戒させることにつながります。

ぜひ、見えるように、通信機器を持っている手を振りながら歩くことを心掛けてください。

ただし、夜道を通話しながら歩く行為は、特に背後への警戒の意識の低下につながり、犯罪者にとってはありがたい行為になりますので、避けることが賢明です。

当然のことですが、夜道でイヤホンで音楽を聴きながら歩くことは、まぎれもなく危険ですので止めましょう。

3.後ろを振り返る習慣をつける

どのような夜道でも、犯罪者は計画性を持って実行を企てる場合がほとんどです。

そのため、自分にとって慣れない道の場合には特に注意をすることが大事です。

犯罪者にとって知り尽くした界隈であれば、物陰に潜むことは容易です。

夜道への恐怖心を克服するためには、注意深く前を向いて歩くことが肝心なのと同時に、後ろを繰り返し、振り向きながら歩くことが大切です。

また、後ろを向いたときに背後見えた人影が携帯電話で通話している場合や、イヤホンをしている場合でも、決して気を抜かないことが大事です。

そういった場合でも安心せずに、近い距離のもっとも明るい場所を早めに見つけ、背後からのその人物には追い抜いてもらうことが賢明です。

4.護身術の講座を一度受けておく

自治体の中には、夜道での犯罪軽減と撲滅を目指して、護身術の講座を開催しているところもあります。

お住いの自治体の広報誌やホームページの情報をこまめにチェックすることで、自分か参加可能な日時の講座情報に出会える可能性も高まります。

また、定期的にチェックをしても護身術に関する講座の開講に出会えない場合には、直接自治体の窓口に、希望を申請する手段がオススメです。

住民からの要望答えて開催される講座は多いので、ぜひ窓口へ足を運ばれてみてください。

護身術の講座は、一度の受講でも記憶に残る知識や技を効率的に専門家が伝授してくれ、たいへんに役立ちます。

5.夜道が苦手でない人から夜道への印象を聞く

夜道が苦手でない人というのは、性別に関係なく、案外多いものです。

真っ暗な道でも平気だという人が、どういう心理でその間を過ごしているのかは参考にする価値があります。

夜道にどう警戒するべきかを述べた書籍の内容には、こういった心理に触れている場合が多くあります。

そういった人が親しい知人の中に存在する場合には、ぜひ積極的に、恐怖心を抱かないでいられる理由を聞いてみましょう。

自分が思いもよらなかった考えを分けてもらえる場合もあれば、また、その人なりの夜道での工夫を教えてもらえるなど話を聞くことのメリットは大きいでしょう。

徒歩よりも実は自転車の方が、万が一犯罪に遭遇してしまった場合には逃げにくいケースが多いなど、データに基づいた貴重な話も聞けるかもしれません。

書籍や知り合いからの冷静な情報は、これまでの自分だけの固定観念を改めるよい機会になってくれることでしょう。

一つでも多く具体的なアクションを

夜道への恐怖心を拭い去ることはできなくても、具体的な工夫や習慣で夜道への怖さを軽減することは可能です。

引っ越しという最終手段もあることを念頭に、一つでも多く、具体的なアクションを実践してみてはいかがでしょうか。

昼間に同じ道を歩いて物陰の少ない道を探り、いつもの道を変えるなど、容易な方法から試してみる案もハードルが低くオススメです。